校長あいさつ

知識と技術そして“こころ”を学んで欲しい。


本校は、創立から半世紀以上にわたり多くの卒業生を送り出し、全国各地で力を発揮しています。その卒業生の活躍ぶりは地域や業界から高く評価されています。本校で一番大切にしている「一人一人の学生を大切にする」という姿勢を教員が心がけ熱心に指導し、学生もそれにこたえる学びの姿勢がこの評価につながっているのでしょう。
教員は技術習得の指導はもちろん、様々な相談にも耳をかたむけ学生に寄り添ってサポートしています。そして、卒業してからも教員に仕事のことなどで相談が寄せられると、良き理解者として親身に相談にのっています。学校と卒業生とのつながりの途切れない、あたたかな校風が生き続けていると感じます。
学生たちには10年後、20年後の将来をどのように働き、そしてどのように社会に貢献できるかを考え、そこに向かって成長してほしいと伝えています。将来を見据えて、自己実現を図り成功してほしいのはもちろんですが、その先の社会のために何ができるのかをきちんと考えられる人に育ってほしいという願いから、校長として、人生の先輩として、私自身の声で直接伝える時間を今後もうける予定です。
受験生のみなさんはぜひ一度本校にいらして、SENDAI中央理容美容専門学校の、まっすぐな在学生、生徒思いの教員がつくり出す、明るくやわらかな校風を肌で感じてみてください。

校長 横橋 健


沿革

昭和40年 宮城県理容環境衛生同業組合によって、厚生大臣指定の理容師美容師養成施設として「宮城中央高等理容美容学校」を開校
昭和45年 学校法人宮城中央学園を組織、宮城県知事認可を受ける
昭和51年 専修学校制度発足に伴い認可を受け、校名を「中央理容美容専門学校」と改称
平成10年 理容・美容課程とも2年制へ移行
平成12年2月 「中央理容美容専門学校」ヘアーメイクショー、一 般公開スタート。現在まで継続して開催
平成20年3月 「中央理容美容専門学校」新校舎完成「SENDAI中央理容美容専門学校」に改称
平成30年4月 理容・美容修得者コースを設置

情報公開